テネシーティーンは彼自身のバニラを作って売ることによってフードバンクのために数千ドルを調達します–見る


すべてのニュース

バニラはデザートの世界の塩であり、料理に含まれる他のすべての材料の風味を高めます。それがすべてのパン屋の食器棚のそのような定番であることは不思議ではありません。

クレジット:Vanilla Feeds Tomorrow

テネシー州の14歳のパン屋は、全米のフードバンクの長蛇の列に関するCOVID-19ニュースセグメントを見た直後に、ブラウニーにバニラを追加したことを覚えています。それは正しくなかった、と彼は思った。人々は空腹であってはなりません。


ウィリアム・カバニスは、突然大きなアイデアを思いついたとき、チョコレートのようなミックスを作っていました。彼は地元のフードバンクのために資金を調達することができました— テネシー州東部のセカンドハーベストフードバンク —すべてのパン屋の親友であるバニラエッセンスを作って販売することによって。



それ以来、ウィリアムは9,000ドル以上の利益を上げ、困っている人々に27,000以上の食事を提供してきました。

彼は言い​​ます。「私が一人だけを助けることができれば、私は私が違いを生んだことに満足するでしょう。しかし、私はできるだけ多くの人々のためにこれをしたいと思います。誰も空腹を心配する必要はありません。これが明日のバニラフィードの私の目標です。」

それは村を取ります

独自の合法的な501(c)(3)非営利団体を設立することは、単独で簡単に行うことはできません。村が必要です。実際、カバニスのような特別な家族が必要です。

関連: 汚れた道路標識を掃除し、町の生け垣を削減するための封鎖中の毎日の旅行の後、無私のティーンは地元のヒーローです

5月以来、ウィリアムは彼自身のウェブサイトを作成し、彼自身のラベルをデザインし、そしてバニラを作りそして出荷する方法を研究しています。彼はまた、明日バニラフィードを実行しています インスタグラム そして ツイッター アカウント。


彼の祖母は、 Facebookのページ 。彼のお父さんは法律上および財政上の問題を手伝っています。彼の母親は配達をするために彼を運転し、彼の弟と妹でさえ箱を作ることによって助けます。

「誇り高きお母さん」ジリーナ・カバニスはGNNに、「ウィリアムは自分の地域社会で飢餓と闘うために一生懸命働いています」と語った。

友人と過ごしたり、クロスカントリーやトラックを走ったり、時折ビデオゲームをしたりする間、ウィリアムは数週間後にファラガット高校に戻ったときに、プレミアムマダガスカル豆からバニラを作り、販売し続ける準備をしています。

これにもっと似ている: 3年生が作った抗議のサインは、それが不思議なことに抗議に行くとき、国を鼓舞します


8オンスを購入する。ウィリアムと彼の家族からの自家製の純粋なバニラエッセンスのボトルは、空腹の人々に42食を提供することを意味します。ウェブサイトは ここに 何かを購入したり、食事の寄付をしたい場合。ハッピーベーキング。

((見る以下のこのような10代の話。)

この甘い話をソーシャルメディアで友達と共有しましょう…